お申込みから配属まで


受入れまでの流れ(全体イメージ)

 お申込みから配属まで、4~6ヶ月かかります。
 以下のイメージをご覧ください。

受入れまでの流れ(詳細)

1.お申込み

  • 本制度や留意点、日程や必要な準備、かかる費用など詳しくご説明します 。
  • 以下の当組合指定書類をご確認いただき、署名捺印のうえご提出いただきます。
    「外国人技能実習生受入申込書」
    「外国人技能実習生受入れに係る了解事項」
  •  担当者がその場でインタビューを交え、いつでも手に取って確認できる見やすい「チェックシート」を完成させ、最後にお渡しします。
    - 受入れ企業さまの企業概要、受入れ実績、労働環境
    - 雇用契約の内容(労働時間・休日・賃金・福利厚生など)
    - 求人の内容(面接の流れ・募集人数・作業内容の詳細など)
    - 希望する実習生の詳細(年齢・性別・経験・利き手や視力・腕力などの身体的特徴・積極性や集中力などの精神的特徴など)
    - 実習環境について(生活指導員・技能指導員の決定など)
    - 生活環境について(保有寮の有無・スーパーや病院などの近隣の施設・寝具や食器などの貸与が必要な物品の確認など)
    - 必要な書類(謄本などの事業所を証明する書類・雇用保険納付書などの従業員数を証明する書類・損益計算書などの実績を証明する書類など)
    - 予定するスケジュール(選考予定日・資料準備期間・入国/配属日など)

2.人材選考・雇用契約

  • お申込み後1ヶ月ほどで、海外現地の送出し機関と当組合で実習生を選考のうえ、現地面接スケジュールを手配します。
  • 現地面接にかかる渡航・宿泊費は受入れ企業さまのご負担となります。
  • なお現地面接のご都合が難しい場合はWEBビデオによる面接も無料で対応しておりますので、ご都合に合わせてお申し出ください
  • 実習生が決定しましたら、雇用契約のうえ当人たちはすぐに日本語等の講習をスタートします。

3.必要書類や資料のご準備

  • お申込みの際に作成した「チェックシート」を基に必要書類をご準備いただきます。組合員さまにはご面倒ですが、入国手続きに遅れがないよう、実習生決定後1~2週間程度でのご準備をお願いしています。
  • 必要書類が揃いましたら、各外国人の「在留資格」を認定する証明書の交付を、公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)を経由して入国管理局へ申請します。この申請書類一式が膨大なボリュームになることが多く、大変手間のかかる作業ですが、当組合が責任をもって作成を全面サポートいたします。
  • 1ヶ月ほどで「在留資格」の認定証明書が交付されましたら、当組合が海外現地に通知、実習生本人が母国で日本への入国ビザを取得します。実習生たちは日本への渡航も近くなりワクワクしている頃です。

4.入国・配属のご準備、配属

  • 実習生は入国後、配属まで再度1か月間、日本語や風習の講習を受けます。入国当日は当組合が空港まで迎えに行きます。
  • 実習生が入国しましたら、「チェックシート」を基に配属のご準備をお願いします。作業道具や生活備品など、配属1週間前までに実習(就労)環境と生活環境を整えます。
  • 入国後約1ヶ月、やっと配属当日です。当組合が実習生を送迎し受入れ企業さまに引き渡します。初日は宿泊施設や生活設備、近隣施設のガイド、既存の従業員の方々のご紹介など、できるかぎり時間を設けてください。